精密LCRメータ〈500 kHz / 1 MHz、ベンチ・トップ・タイプ〉

894型および895型: 894 型

894型および895型は電子部品や材料のインダクタンス、キャパシタンス、抵抗をDCまたは20 Hz – 500 kHzおよび1 MHzのテスト周波数で測定する、多機能な精密LCRメータです。交流および直流テスト信号の柔軟な設定が可能で、交流テスト信号は5 mVrms – 2 Vrmsの電圧、選択した交流インピーダンスによって最大66.7 Armsの電流で設定でき、直流バイアスも追加できます。明るく視認性の高い4.3インチTFT液晶ディスプレイには測定結果、設定、BIN分類結果を表示し、便利なズーム機能で測定結果をフルスクリーンで表示させることもできます。0.05%の基本確度、自動レベルコントロール(ALC)、オープン、ショート、負荷、ケーブル長補正といった多彩な機能で製造現場や品質管理のみならず、研究室でも日常の業務に欠かせない一台です。

894型および895型は内部直流バイアス機能を備え、検査対象物のインサーキット状態での検証が簡単に行えます。直流バイアスはセラミック、MLCC、ポリエステル等の高比誘電率を持つコンデンサのキャパシタンス測定に使われます。このようなコンデンサに直流電圧を印可することで著しいキャパシタンスの挙動を示します。直流電圧を制御することでより確定的な測定結果が得られます。その他にもコア付インダクタの評価や半導体デバイスの接合容量も測定できます。

  • L、C、R、Z、G、B、Y、D、Q、θ、DCRを測定
  • 0.05%の最高インピーダンス確度
  • 20 Hz – 500 kHz / 1 MHzの範囲で設定できるテスト周波数
  • 5 mVrms – 2 Vrmsの可変信号レベル
  • -5 V – +5 V / -50 mA – +50 mAの内部直流バイアス
  • 最速13 msの測定速度で生産性向上
  • 周波数、交流、直流バイアス、電圧、電流レベルから選択できる201ポイントのリスト・スイープ機能
  • BIN測定機能では9つのプライマリBINに加えて、1つのセカンダリBINとOUT BINへの分類
  • トランス測定用に別売のテスト・フィックスチャTL89T1型を用意
  • USB、LAN、GPIB (895型のみ)インターフェイス経由のSCPIコマンドで遠隔操作

 

バージョン Note/Description File Size File Link
1.0LabVIEW 2016 Drivers457.86 KBLV894.zip
  • 894¥ 471,190 (税抜)
  • 895¥ 718,190 (税抜)