容量があるのにバックアップができない場合は、次の対処法を順に試してみて下さい。 対処1: 本体を再起動してみる. 容量が不足しているのはiCloud(無料5GB)の空き容量が原因. iCloudを設定すると、5GB分のストレージを無料で利用することが出来ます。 このストレージ容量を活用すれば、デバイスをバックアップし、データを全てiCloud上で保管してくれるので、端末さえあれなどこからでも情報を入手することができます。 こんにちは、カメラマンの早川です。 iPhoneには「iCloudフォトライブラリ」という機能があって、iPhoneで撮影した写真やiPhoneに保存した写真や動画を、Appleが提供する無料のクラウドストレージ「iCloud」にバックアップしてくれるという機能があります。無料で使えるのは5GBでそれ以上の容量を使いたい場合は容量に応じて費用がかかります。 ON/OFFは任意で設定できるのですが、ONにしてそのまま使っていると、意外にあっという間に「iCloud」の容量がいっぱいになって、「iCloudストレージ … iCloudの容量が足りなくなったけれど、追加の容量を購入したくはない。そんな場合、別のところにiPhoneファイルをバックアップすることも可能です。 やぁみんな! 今回は、iCloudドライブの容量が十分あるのに「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません。」と言われた場合の対処法をご紹介するぞ。. iCloudドライブというのは、Appleが提供するオンラインストレージサービスだ。 iCloudのバックアップは、アカウントさえあれば誰でも取得可能です。 しかし、バックアップするデータの容量が5GBを超える場合には有料のプランへの加入が必要となります。 容量はあるのに容量不足の表示が出て、バックアップできない時の対策. iCloud上にある写真のバックアップデータを削除します。やり方は以下。 先程の画面の「ストレージを管理」という部分をタップします。 すると、iCloudで容量を圧迫しているデータがリスト表示されます。 ところが、無料で使えるCloudの容量は5GBなので、iPhone内に写真やビデオがたくさんあると、iCloudの容量不足でiCloudバックアップは作成されません。iCloudストレージに課金すればiCloudバックアップはできますが、バックアップは無料でしたい方も多いはず。 iCloudやiTunesバックアップを見つかっても、PCでバックアップに入っているファイルが読めなくて、確認する方法もわからないという状態が多いと思います。この記事ではWindowsPCでiPhoneバックアップを確認する方法を紹介します。 iCloud容量があるのにバックアップできない原因と対策. iCloudとは、インターネット上に用意されたデータの倉庫の事です。 iPhoneの本体のストレージは「自宅の内部」 、 iCloudは庭にある「倉庫」のようなものです。 iCloudの主な用途としては、 本体データのコピー(バックアップ)を保管しておく場所 としての役割を果たします。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「容量は余ってるのにバックアップできない」という場合、まずは本当にiCloudストレージの容量が余っているのかよく確認しましょう。もしかしたら、iCloudではなくiPhone本体のストレージを見ている可能性があります。, iPhoneには「iCloudストレージ」と「iPhoneストレージ」があって、この2つがごっちゃになっている人が多いです。僕も最初はごっちゃになってました。iPhone初心者あるあるですね笑。, iCloudストレージとiPhoneストレージの違いがいまいちよく分からない人は、以下の記事をご覧ください。, さて、ここからが本題です。 スポンサーリンク iCloudストレージ容量は余っているにも関わらず、「十分な空き領域なくてバックアップできない」とエラーメッセージが表示される場合は、一度過去のバックアップデータを削除してみましょう。それでも駄目なら不要なデータをバックアップから外すか、ストレージをアップグレードする必要があります。, 「もう面倒くさいからバックアップしなくていいや」と思うかもしれませんが、iPhoneは精密機械です。iOSアップデートやちょっとした衝撃でデータが消える可能性があります。消えたら困るデータが1つでもあるのなら、今回紹介する方法でストレージ容量を確保して、きちんとバックアップしましょう。. ただしiCloudの容量が足りていないとバックアップを行えないので、容量は常に余裕があるようにしておきましょう。 写真はiCloud写真の設定で自動保存・他の端末と同期できる 「機種変更するわけでもないし、今はバックアップしなくてもいいか」, と思っている人もいるかもしれません。気持ちはわかりますが、バックアップはしといた方が良いですよ。いつデータが消えるか分かりませんから。, ソフトウェアアップデートというのはiOSのアップデートのことです。iOS12以降は夜中に自動でアップデートされてしまうので、朝起きたらデータが消えていたなんてことは十分に起こりえます。, また、アプリを大量に開いていたり、充電しながらiPhoneを操作していたりすると、メモリ・CPU・バッテリーに負荷がかかって、iPhoneが故障してデータが消える可能性があります。, iPhoneは精密機械ですから、ちょっとしたことでデータが飛びます。バッテリーを交換するだけでもデータが消える可能性があるくらいですからね。実際AppleStoreにバッテリー交換の予約を入れると、「事前にバックアップしておいてください」というメールが届きます。別にバッテリーにデータが保存されているわけではないんですけど、それくらい繊細だということです。, なのでバックアップはしておいた方が良いですよ。少なくともバックアップして損することはありませんから。, 【iCloud写真】オリジナルをダウンロードできてるか確認する方法(iPhone), window.onload = function() { わたくしのiCloudでは、システムが勝手に2.6GB近くも確保していました。 2.6GBの領域には、何のデータもないのにですよ・・ 以下の画像をご覧ください。緑色の「書類」の容量に注目です。 iCloud容量5GBの内訳は、バックアップが1.2GB、書類が2.8GB、その他100MB、空き容量は879MBとなっています。 書類に2.8GBも確保されていましたが、書類のプロパティを見ると251.5MBしか使っておりません。なんで?? Appleサポートに電話したところ、驚くべき事実を発見しました。 iCloudではシステム … Appleが「iCloudを使ってiPhone、iPad、iPod touchをバックアップする方法」というサポート動画を公開しています。 よくある原因1:iCloudに大量の写真や動画を保存してしまっている; よくある原因2:iPhoneのシステムのバックアップが大きく容量を圧迫している; よくある原因3:iCloud Driveに大きなデータを保存してい … 今回はiCloudがいっぱいで通知が来てしまう場合の詳細と対処法を解説しています。iCloudで通知が来てしまう場合、バックアップの容量が足りていません。そのため、iCloud内のデータを削除する、もしくは容量のプラン変更を行うなどの処置が必要となります。 iCloudバックアップの処理中に一時的なエラーや不具合が起きて、バックアップの作成が失敗するケースがあります。 iCloudにとってあるiPhoneやiPadの古いバックアップデータはそのままにしておくと、iCloud容量を圧迫してしまい、貴重な5GBを浪費してしまいます。そこで、今回はそんな古いバックアップデータの削除方法など詳しく解説していきます。 ちなみにiOS10.3以降、「設定」からiCloudの項目が消え、最上部にあるApple IDの管理項目から設定が可能になりました。空き容量の確認やバックアップ設定はこちらで行います。 iPhoneをiCloudにバックアップするには50GBの容量が安心 }. iCloudの空き容量が足りなくてバックアップ・同期できない場合はどうすればいいですか?このガイドは、iCloudの容量不足を解決する4つの対策を紹介していきます。 「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません。」, iPhoneのストレージの空き容量を増やす・確保する方法については、次のページも合わせて参考にして下さい。, 『iCloudストレージが「残りわずか・いっぱい」容量を減らす方法/削除 – iPhone/iPad』, 『iPhone – Wi-Fiに自動接続できない・勝手にオフになって切れる時の対処法』, 『スマホがWi-Fiに繋がっているのに4Gのままになる原因と対処 – iPhone/Android』, 『スマホが充電できない・充電が止まる時の解決法 – Android,iPhone』, iCloudストレージが「残りわずか・いっぱい」容量を減らす方法/削除 – iOS, [iPhone/iPadは使用できません]のエラーが出た時の対処法【解除/初期化】, Chromeでブックマーク等が同期できない/一時停止中になる時の対処 – Windows10, ブルースクリーン: BAD_SYSTEM_CONFIG_INFOの解決方法 – Windows10, 「Wi-Fi」のスイッチが「オン」になっており、「チェックマークの付いたWi-Fi」があるか確認して下さい。, 設定アプリの上部に「サインイン」が表示されたら、タップしてAppleIDとパスワードを入力してサインインします。. iPhoneがバックアップできない原因としてiCloudの容量がいっぱいであることが原因とあげました。iCloudの容量がいっぱいのときは、前回にとったバックアップのデータを削除しましょう。 © Copyright 2021 IT HOOK. この記事では、iPhoneのiCloudバックアップをオン⇔オフする方法を紹介します。 【iPhone】iCloudバックアップをオン⇔オフする方法 iCloud容量に余裕があるならオン推奨。容量不足となっている人は他にバックアップを取得してオフもあり iCloudストレージ容量は余っているにも関わらず、「 十分な空き領域なくてバックアップできない 」とエラーメッセージが表示される場合は、一度 過去のバックアップデータを削除 してみましょう。. iCloudでバックアップができないとき②前回のバックアップを削除. All rights reserved. iCloudの機能を使ってiPhone/iPadのデータを自動でバックアップの作成ができます。, しかし、「iPhone/iPadバックアップに失敗」という通知が表示され、突然バックアップができないケースがあります。, 本記事では、iPhone/iPadでiCloudのバックアップが失敗したり、できない時の対処法を紹介します。, iCloudストレージの容量が不足してない場合、容量が十分ある場合の対処法をそれぞれ紹介するので、参考にしてください。, iCloudのバックアップは、iPhoneが次の条件の場合に自動でバックアップが作成されます。, バックアップが失敗したメッセージが表示された場合は、上記の条件から外れる操作をしたか、iCloudの容量が不足したことが考えられます。, iCloudの容量が不足すると、次の通知メッセージが表示されてバックアップが失敗してしまいます。, 空き容量がほとんどない場合は、次のページの対処法を参考にiCloudの空き容量を確保して下さい。, iCloudの容量が十分空いているはずなのに、バックアップが失敗してしまうケースがあります。, iCloudバックアップの処理中に一時的なエラーや不具合が起きて、バックアップの作成が失敗するケースがあります。, 容量がある状態でiCloudのバックアップが失敗した際は、iOSの再起動をまず試してみて下さい。一時的なエラーであれば再起動で問題が解決する可能性があります。, iPhone/iPadの機種によって再起動の手順は異なります。具体的な手順は以下のページをご参照ください。, 「iCloudバックアップ」の機能がオフになっていると、自動でバックアップが作成されません。, 通知も表示されずバックアップの作成がそもそもできない場合は、次の手順で「iCloudバックアップ」の機能がオンになっているか確認して下さい。, iPhone/iPadのストレージが不足していることが原因で、iCloudのバックアップが失敗してしまうケースがあります。, iPhone本体のストレージを確認して十分な空き容量があるか確認して下さい。確認手順は以下の通りです。, 端末の空き容量が少なかった場合は、不要な写真や動画データ、アプリの削除を行って下さい。, 画面をスクロールすると、各アプリで使用している容量を確認できます。データ削除の参考にして下さい。, バックアップ中にiPhone/iPadとWi-Fiの接続が切れた場合、バックアップが失敗してしまいます。, Wi-Fiがオンになっていた場合は、接続端末のWi-Fi接続に次の問題がないか確認して下さい。, iCloudのバックアップを手動でやり直すと、正常にバックアップを作成できる可能性があります。, 以上で、手動でiCloudにバックアップを作成することができます。正常にバックアップができないか確認して下さい。, AppleIDのサインイン状態に問題が発生しており、iCloudのバックアップの作成が失敗してしまうケースがあります。, iPhone/iPadに設定されているAppleIDをサインアウトして、再度サインインしてバックアップができないか試してみて下さい。, iCloudの自動バックアップは、iPhone/iPadが充電ケーブルと接続されている必要があります。, しかし、充電ケーブルが接続できていても、充電が途中で切れるとバックアップが失敗してしまう場合があります。, そのため、iPhone/iPad上部に表示されるバッテリーマークを確認して、充電(雷)マークが表示されていることを確認して下さい。, 充電ができていなかったり、途中で途切れてしまう主な原因としては、次が考えられます。, 普段から充電ができなくなるトラブルがある場合は、次の記事を参考に先に充電トラブルの対処を行って下さい。, iPhone/iPadのバックアップは、PCのiTunesを使って作成することもできます。, ここまでの対処方法を試しても、iCloudバックアップが失敗してしまう場合は、iTunesでバックアップを作成するのも一つの手です。, iTunesでバックアップを作成する手順については、次のApple公式ページの「iTunes でバックアップする方法」を参考にして下さい。, iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法 - Apple, 岐阜県で10年以上IT関連の仕事をしている30代のITおじさんです。10歳の頃からPCに興味を持ちWebサイトの運営を開始。大学では情報理工学部に所属。スマホ、パソコンの些細なトラブルや悩みの解決方法などのニッチで見つからない情報の発信を心がけています。. iCloudは5Gまで無料 のバックアップ容量を使えます。 しかし、iCloudで無料で使える5Gですが普段から動画や写真などをバックアップ、保存しているとすぐに一杯になってしまいます。 iCloudストレージの空き容量を確認する方法. 先ほど、バックアップ容量を減らす方法を述べましたので、その方法を実践してから、バックアップを試してみてください。 The following two tabs change content below. 有料 にはなってしまいますが、一番手っ取り早いのは iCloudストレージを購入して容量を増やす ことです。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 過去のバックアップを削除してiCloudストレージをほとんど空にしたにも関わらず、まだ「空き領域がないからバックアップできない」と表示される場合は、バックアップデータ1本分のサイズが5GBを超えています。, こうなると、バックアップするデータの数を減らすか、ストレージをアップグレードするかの二択になります。, 不要なデータをバックアップから外すのは簡単です。古いバックアップを削除した時と同様に設定アプリを開いて, そしてiCloudバックアップデータの内訳が表示されたら、下の「バックアップするデータを選択」という欄を見てください。ここで不要なアプリやデータを選んでオフにすれば、個別にバックアップから外すことができます。, 今回は一番容量の大きいフォトライブラリ(写真)をバックアップから外しました。バックアップデータのサイズがかなり小さくなったのが分かると思います↓, 不要なデータをバックアップから外しても5GB以内に収まらない場合は、iCloudストレージ容量をアップグレードするしかありません。, アップグレードのやり方も簡単です。設定アプリを開いて一番上の自分のAppleID(名前)をタップしてください。, 続いて「ストレージを管理」をタップしてください。ここまではバックアップ削除の時と同じです。, iCloudストレージの画面になったら、今度は「ストレージプランを変更」をタップしてください。, するとiCloudストレージのアップグレード画面になります。ストレージ容量を選択して、右上の「購入する」をタップすれば、iCloudのストレージをアップグレードさせることができます。, iCloudストレージの容量を選ぶ際は、iPhoneストレージ使用量ではなく、iCloudバックアップデータのサイズを基準にして選んでくださいね。, というのも、iCloudは全てのデータをバックアップしているわけではないんです。具体的に言うと、アプリそのものはバックアップされません。なぜなら、アプリはまたApp Storeでインストールし直せばいいからです。アプリに関しては、購入履歴など「復元に必要なデータ」だけがバックアップされて、復元後、自動的にアプリの再インストールが始まります。, そのため、iCloudストレージの使用量は、iPhoneストレージの使用量の半分以下で済む場合がほとんどです。写真や動画をそんなに撮らない人なら、何十分の1程度の容量で済むでしょう。, 間違ってiPhoneストレージ使用量を参考に容量を選んでしまうと、余計にお金を払うことになりかねません。, 「バックアップ面倒くさい」 iCloudストレージの空き容量が足りない状態になると、「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」というエラーメッセージが表示されることがあります。 この状態でデバイスが破損したり紛失 … 方法1、iCloudバックアップを管理. iCloudストレージには余裕があるのに、なぜ容量不足でバックアップできないのかついてお話します。, iCloudを使っていると、「昨日までは普通にバックアップできたのに、今日になって急に容量が足りないと表示されるようになった」なんてことがよくあります。「昨日と今日でデータ容量はほとんど変わっていないのになぜ?」って思いますよね。, iCloudバックアップでは、最新3本分のバックアップを「名前を付けて保存」しています。それ以前のバックアップは自動的に最新データに上書きされて削除されています。, つまり何が言いたいかというと、iCloudには常にバックアップデータが3つ保存されているんです。, 例えば1月1日、2日、3日、4日、5日と5日連続で、午前0時に1回ずつバックアップを取ったとします。その場合、iCloud上に保存されているバックアップデータは以下のようになります。, 3日まではバックアップデータが追加で保存されていきますが、4日にバックアップすると、1日分のバックアップデータが4日分に上書きされて消えています。, そして問題は5日です。4日と5日にバックアップしたデータは、両方とも2.0GBでサイズは変わりません。違うのはバックアップ3本分の合計サイズです。4日にバックアップした時点では合計サイズは4.7GBしかありません。しかし、5日にバックアップしてしまうと合計サイズが5.5GBとなります。, iCloudに無料でバックアップできる容量は最大5GB までなので、5日はバックアップに失敗して、「空き領域が足りない~」というエラーメッセージが表示されます。, データサイズは変わってないのに、急にiCloudの容量不足でバックアップできなくなった場合は、一度古いiCloudバックアップデータ(3本分)を削除してみましょう。そうすれば容量が空いてバックアップできるようになります。, 古いバックアップは簡単に削除できます。まずは設定アプリを開いて、一番上の自分のAppleID(名前)をタップしてください。, するとiCloudバックアップデータの内訳が表示されます。一番下に「バックアップを削除」という項目がありますので、それをタップしてください。. たぶん地球上のどっかにあると思われます。 iCloudへの自動バックアップが原因か? まとめます。iPhoneには自動バックアップの機能があり、設定してあれば毎日勝手にバックアップしてくれるので、使ってる人は特別な意識をする必要がないということです。 Gifffer(); iCloud を設定すると、5 GB 分のストレージを無料で利用できるようになります。この容量を利用して、iCloud バックアップを作成したり、写真やビデオを iCloud 写真に保存したり、iCloud Drive で書類を最新の状態で同期したりすることができます。 iCloudを利用してiOSデバイスを自動的にバックアップすることができますから、長く使うと、iCloudの容量も足りなくなります。そのため、iCloudストレージを減らすには、iCloudバックアップを管理する必要があります。 下の方に行くとiCloudバックアップという項目があるのでタップします。 iCloudバックアップの項目をオンにして、今すぐバックアップを作成を押せばバックアップができます。 最後の画像の下の方にも書いてありますが. iCloudにiPhoneのバックアップデータがいつまでも残っていませんか? 昔の機種データや不要なものを削除して、空き容量を増やしましょう。 iCloudバックアップは手間がかからないので、便利だと考えられますが、多くのiPhoneユーザーはiCloudにバックアップできない問題に直面します。例えば、iCloudバックアップ作成時間が長すぎる、容量が足りないなどの場合があります。その時の対策とiCloudの代替を紹介します。 iCloudストレージの容量を購入(アップグレード)する .