そんなカナダでの高校留学では、数え切れないほどの貴重な体験が待っています!, ここでは、カナダで高校留学をしたいと考えている方のために、より留学をイメージできるような役立つ情報をご紹介していますので、ぜひこの機会にチェックしてみてください♪, カナダは世界でも指折りの教育熱心な国なので、高校留学でどの高校を選んだとしても、高い水準の教育を受けることができます。, また、入学前の4月から授業のための準備コースがあり、9月から始まる正規の授業のための準備をするなど、留学生の受け入れ態勢も充実しています。 カナダ高校留学費用. 高校留学の費用の例 – 2020/2021年. カナダの学校には日本と同様に私立と公立があります。, 【公立校の場合】 続いて、留学生向けの大学院の費用を見ていきます。大学に比べると、大学院の学費はぐっと下がります。カナダ全土平均でも年間17,744ドル(約146万円)です。 ずば抜けて高額な州は、大学同様にオンタリオ州で、年間23,770ドル(約196万円)。一番学費が低い州はニューファンドランド・ラブラドール州で、年間4,087ドル(約34万円)と格安。 サスカチュワン、マニトバ、アルバータ、プリンスエドワード、ニューブランズウィ… 356万~382万円 カナダジャーナルは1981年設立の老舗留学エージェント運営。カナダ留学無料コンサルティング、無料現地サポート、ワーキングホリデー、語学留学、カナダ移住、親子留学、高校留学、幼児教育留学、アウトドア専門キャリアスクール、 it専門学校、インターシップなど情報満載です [ 営業時間 ] 月〜土曜日 10:00~18:30(木・日・祝日を除く) カナダの親子留学に関する基本情報や費用、おススメの教育委員会を紹介しています。カナダ留学専門38年以上の実績があり、バンクーバーに現地オフィスもあるFSS-Osakaなら留学費用も抑えられて安心 … カナダの高校に留学してみたいけど、どうやって申し込んだらいいか分からない。そもそも、カナダの高校の制度って日本と同じなの?お金はどれくらい掛かるのかな?入学、卒業するのは難しいのかな?そんな、カナダの高校生活に関する疑問に専門家がお答えします! カナダ高校留学をサポートする教育委員会ではサポート体制が非常にしっかり整っているため、安心して留学をすることができます。「英語力や学力にそこまで自信のない生徒」や「費用を抑えて卒業留学をしたい生徒」にはカナダがお勧めNo1と言っていいでしょう。 30年近く、カナダの高校留学に関与して来ましたが、いわゆる名門のボーディングスクールへの留学生は多くありません。 トップクラスのボーディングスクールの場合、将来に大きくつながる教育を提供していますが、費用面では、特に留学生には厳しいのが現実です。 学費や滞在費などの現地費用. 海外では大きく分けて滞在先の学校授業料やプログラム参加費、渡航に必要な諸経費、滞在費・生活費が必要となります。渡航後の滞在費や生活費以外は、原則日本国内での支払が必要となりますので、まとまった金額が出発する前に必要となることを念頭に置くことが大切でしょう。 学校授業料やプログラム参加費用 1. 語学留学きれいな英語を話す国として有名なカナダは、語学留学先にぴったり!フランス … 80万~90万円. 留学を考えたとき、まず気になるものの1つが「留学費用」ですよね。カナダ留学で予想される費用を、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月まで「留学期間」別にまとめました。ご自身の留学期間に合わせて、「目安の費用」を知っていると計画が立てやすくなるはずです。 日本の保険会社の海外保険に入ることも可能ですが、費用はカナダの倍近くかかることが多いので、高校留学中はカナダの保険がお得です。 カナダへの留学概算費用に関する情報についてご紹介いたします。aise国際交流センターでは、交換留学に役立つ豊富な情報を提供しています。中学、高校在学中での留学をご検討の皆様は是非ご覧くださいませ。学生はもちろんのこと保護者様や学校関係者様のサポートします。 高校留学費用とひとくちにいっても、海外留学あっせんエージェントに支払うプラン料金だけではありません。別手配となる航空券やビザ申請料、海外留学保険、留学中の個人的な出費を賄うためのお小遣いなど、さまざまな内容があります。 州によって教育制度は異なり、卒業までに必要な単位数、単位の数え方、必修科目なども各州の教育政策によります。日本と同じように6-3-3年制をとる州もあれば、7-5年制や8-4年制をとっている州もあります。小学1年生から数え始め12年生で高校終了となる点は共通しており、各学生が異なったシステムで教育を受けたあとでも、他州の大学に進学できるように調整が行われています。また、カナダの高校を卒業すれば、カナダの大学に進学するだけではなく、アメリカの大学への進学も視野にいれることが可能です。 また、公立学校で留学生を受け入れる場合でも、その地域の学区の教育委員会が留学プログラムを管理運営している場合が多いので、学校間のレベル格差もほとんどなく、質の高い教育が提供され、安心して留学生活が送れるように配慮されています。, カナダの学校は毎年9月の初旬に始まり、翌年6月下旬に終了します。学期は前期と後期の2期制となっており、履修科目は必修科目を除き、前期と後期で変更する場合が多いですが、カリキュラムや将来の進路によって、通年同じ科目を履修しなければならないこともあります。また学校によっては、英語力が低い留学生に対し、ESL(母国語が英語でない学生のためのクラス)を用意している学校もあります。 [ 休 業 日 ]  木・日・祝日. 往復航空券. カナダ8都市にオフィスを持つカナダ最大の現地留学エージェント。カナダへの留学生、ワーキングホリデーをビクトリア、バンクーバー、カルガリー、トロント、オタワ、モントリオール、ハリファックスのカナダ8都市でサポート。 合計金額. また、勉強のアドバイスやケアなどが充実しており、留学期間も半年や一年から卒業までと、目的に合わせることができます。, 高校交換留学の多くの場合は、国や教育省や学校が主催しています。授業料が免除となり、ボランティアのホストファミリーに滞在して最寄りの公立高校に通学し、留学期間は一年間と決められています。 正規留学と大きく異なることは、留学先の地域を指定したり選ぶことができないことと、現地の学生と同様に教育を受けるため、高い英語力と地域環境やホストファミリーへの適応力や順応性が必要となりますが、留学費用は低く抑えることができます。, [ お問い合わせフリーダイヤル ] 一昔前は、中学・高校留学と言えば国や企業支援団体による一部の人がされているものでしたが、最近では中学・高校留学に対する情報や知識が広まりつつある事から、将来を見据えてより早い段階から海外留学を視野に入れる中・高生が増えています。 カナダの高校留学で必要な費用は、1ヶ月で30~50万円、1年間で200~450万円ほど。 滞在する地域はもちろん、公立・私立どちらを選ぶかによっても費用は変わるので、目的と予算に合ったプランを立てるように心がけましょう。 0120-771-681 正規中学留学・高校留学は、私費留学や卒業目的留学とも呼ばれ、私立高校や公立高校の授業料や滞在費などが必要となりますが(国によって異なります)、滞在方法(ホームステイまたは寮)などが選べ、希望に沿った学校選択が可能です。 海外の最新情報なども気軽に相談してみよう。各社パンフレットで料金や問い合わせ先が知れる!, 自然がとても豊かで世界一住みやすい国とも言われているカナダ。 受付時間:10:00〜18:30 費用をある程度支払ってでも現地にオフィスがあるカナダ高校留学を専門にしている留学エージェントを選ぶのが一番だと思います。 無料の留学エージェントは基本的に申込手続きはやってくれてその後は教育委員会のサポートを受けて下さいというセンターが多いです。 カナダは高校留学の行き先としても人気です。カナダに住む人にとっては高校は無料ですが、留学生の場合は学費を支払う必要があります。留学先の都市、また公立・私立かなどによって学費は変動しますが、1年あたり65万円~115万円程度というのが相場です²¹。 1.4 高校の交換留学における学費は基本的に免除されています。ただし留学のプログラム費用として 100~200万円 必要です。 高額なカナダ高校留学に価値はあるのか? 日本の公立高校と同じような費用でカナダの高校へ行けると思っていると、実は年間で200~300万円もかかる!となればきっと驚かれるでしょう。 多くの方が、高校留学しない一番の理由は費用であると思います。 海外留学保険料. 学生ビザ申請費用は150ドル(約11,500円)です。, カナダの高校留学中に慣れない環境や緊張から体調を崩したり、ケガをしたりすることもあります。, 一例ですが、カナダの医療保険の費用は「Johnson Fuの学生保険」で月に46.5ドル(約3,550円)、年間565.75ドル(約43,200円)です。 「学生ビザ」の申請方法は、高校留学で就学希望のカナダの学校に「入学許可証」発行の申込を行い、オンラインで申請します。 カナダの高校留学のプログラムにはたくさん種類があるので、自分に合ったプログラムを見つけ出し、より実りのある留学にしてくださいね♪, カナダの高校留学で必要な費用は、1ヶ月で30~50万円、1年間で200~450万円ほど。 カナダ公立私立中学留学・高校留学プログラムの概要についてご紹介いたします。aise国際交流センターでは、交換留学に役立つ豊富な情報を提供しています。中学、高校在学中での留学をご検討の皆様は是非ご覧くださいませ。学生はもちろんのこと保護者様や学校関係者様のサポートします。 高校留学費用とひとくちにいっても、海外留学あっせんエージェントに支払うプラン料金だけではありません。 別手配となる航空券やビザ申請料、海外留学保険、留学中の個人的な出費を賄うためのお小遣いなど、さまざまな内容があります。 広大な国土に合わせ気候もエリアによって異なり、太平洋沿岸の比較的温暖なエリアもあれば、カナディアンロッキーのような寒さが厳しいエリアもあります。 海外で勉強するにはさまざまな留学スタイルがありますが、交換留学であれば、日本の教育機関に在籍しながら海外の教育機関に留学が可能です。とはいえ、具体的に交換留学がどのようなものなのかは、わかりにくいですよね。そこで今回は交換留学、特に費用について解説したいと思います。 そのため、手続きなども一貫しているので留学が初心者の方でも安心して高校留学をすることができるでしょう。, 一方、私立高校はエリート教育や宗教などに基づいて独自の教育理念で運営されていることがほとんどで、公私合わせた高校の内1割ほどしか私立高校はありません。 1.3. 高額の費用がかかるボーディングスクールへの留学は、かなりの下調べが重要だと思います。 30年近く、カナダの高校留学に関与して来ましたが、いわゆる名門のボーディングスクールへの留学生は多くあ … 留学でかかる費用について説明いたします。授業料や生活費など、留学に必要な費用の目安としてご参照ください。累計25万人の利用者実績を誇る【成功する留学】があなたの留学を成功へと導きます。経験豊富なカウンセラーがご希望に合うプランをご提案します。 ・入学金または出願費用 ・授業料金 ・学校の教材費 ・現地サポート料金 ・プログラム参加費 + 渡航に必要な諸 … 留学を考えたとき、まず気になるものの1つが「留学費用」ですよね。カナダ留学で予想される費用を、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月まで「留学期間」別にまとめました。ご自身の留学期間に合わせて、「目安の費用」を知っていると計画が立てやすくなるはずです。 高校留学費用や語学学校授業料は各学校によって異なります。 その他に実費として飛行機代(12万円~18万円程度)、現地生活費(1カ月300~400ドル程度-交通費、携帯代など含む)がかかります。 卒業可能な私費留学としては世界で最も安い高校留学プログラム! カナダ東部の大西洋に面するノバスコシア州は、日本ではあまり知名度が高くないですが、歴史は古く、ノバスコシアという地名は、ラテン語で「新たなるスコットランド人の国」を意味します。 私立高校は、エリート教育や宗教などに基づく独自の教育理念を持ち運営されており、形態も様々で男子校も女子校も共学もあり、また滞在方法も寮とホームステイを選ぶことができます。公立学校に比べ留学生の受入基準が高く、必要となる費用も非常に高くなってきます。, また、カナダに未成年者が留学する場合は、Custodian(後見人)をつけることが義務づけられており、この点からもカナダでの留学が安心でき、質が高いということが言えます。, カナダでは公立学校に比べ私立学校は比較的少ないといえます。中でも留学生を受け入れている私立学校は極端に少なく、自動的に受入基準が非常に高くなっています。しかしそれだけ狭き門になるだけの価値はあり、設備が整った環境のもとでの少人数制の教育は、国際的にも非常に質が高いと賞賛されています。 ワーキングホリデー外国人の受け入れに寛容なカナダ。聞き取りやすい英語が特徴なので、海外で初めて仕事をするという方でも安心です♪資料をもらう 2. カナダ高校留学. カナダの公立高校に留学した場合の費用概算例: 項目. カナダやニュージーランドの高校留学の費用がいくらぐらいかかるのかを計算してみましたので、参考にしてみてください。 【カナダのブリティッシュ・コロンビア州の高校留学の費用】2021年. 金額. ここでは、高校の交換留学費用について ・学費 ・生活費 ・渡航費; の順にお伝えします。 学費. 高校の交換留学にかかる費用. カナダで高校生になろう!どうすれば高校留学できる?英語が話せないけど入学できる?など、オーストラリア高校留学してみたいと考えてる人は必見!学校の探し方やお金の事など気になることをまとめました。教育の質が高いカナダは治安の良い地域が多いため、保護者が安心して留学さ … ボーディングスクールへの高校留学を検討している人は、まずは各高校にどのような書類や学力が必要なのかなどを調べてみましょう。, カナダの高校を卒業後に日本の大学への進学を希望する場合は、高校卒業資格検定とセンターテスト、志望校の入学試験などを受ける必要があります。 高額なカナダ高校留学に価値はあるのか? 日本の公立高校と同じような費用でカナダの高校へ行けると思っていると、実は年間で200~300万円もかかる!となればきっと驚かれるでしょう。 多くの方が、高校留学しない一番の理由は費用であると思います。 カナダの公立高校の場合、1年間にかかる授業料は、約$10,000~$13,000cadくらいが目安になります。その他必要なものとして、ホームステイ滞在費、esl(英語補習授業)、現地での保証人(カストディアン)費用などが必要になります。 元カナダ学校職員が、語学学校・カレッジ・大学・ワーホリの留学費用をまとめます!その他にも航空券の費用や、エージェント費用、家賃やホームステイ、お小遣いなど細かく解説していきます。 わからないことや気になることもきっと解決できるでしょう。, 外国人の受け入れに寛容なカナダ。聞き取りやすい英語が特徴なので、海外で初めて仕事をするという方でも安心です♪, きれいな英語を話す国として有名なカナダは、語学留学先にぴったり!フランス語も公用語なので、2か国語を学ぶチャンスもあります。, 観光ビザで最大6か月滞在できるので、短期留学にもおすすめ。プログラム数も多く、短期間でもさまざなまことにチャレンジできます!, 治安もよく生活しやすいバンクーバーは、カナダの留学先ではナンバーワンの人気!語学学校も多いので、自分の目的やレベルに合った学校が選べる点も人気の秘密です。日本人も多く滞在しているため、海外留学初心者でも安心して生活できます。, カナダの流行の最先端をいくトロントは、カナダのエンターテインメントの中心地!アート、スポーツ、演劇などの本物を見るチャンスも多くあり、語学や専門以外にも多くのことが学べるはずです。刺激的な大都会で、留学生活を充実させませんか?, フランス文化圏の影響を強く受けたモントリオール。公用語はフランス語ですが、ほとんどの人は英語とフランス語を両方の言葉を喋ります。 パリを思わせる新旧の建物が調和した街並の中で、あなたもマルチリンガルを目指してみませんか?, 留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。, 「留学の実現に向けた、はじめの一歩のお手伝い」をコンセプトに、留学を手助けするための情報提供やパンフレットの手配(無料)を行っています。, 英語力がある程度確保されていればカナダの病院でもコミュニケーションが取れますが、体調不良の時は余計に難しいでしょう。, カナダには多くの公立高校があり、留学生の受け入れも盛んなので、多くの高校留学生が公立高校に通っています。, カナダの私立高校に高校留学した際には、ボーディングスクールを利用することができます。, カナダという土地の魅力に惹かれて、カナダ高校留学後にそのままカナダの大学に進学する方も多くいます。. 奨学金制度は募集期間が定められているので、高校留学に興味のある方は早めに情報収集を始めましょう。, カナダの高校留学について、詳しい情報をお伝えします。留学前にチェックして、不安や疑問を解消しましょう!, カナダの公立高校には、日本の「教育委員会」のようなものが各地域各都市にあり、外国からの留学生の受け入れを管理しています。 6万~7万円. カナダの名門高校へ入学し、世界中の有名大学への道を拓く!カナダ高校留学で全寮制のボーディングスクールへの入学を検討されている方へ、カナダの全寮制高校を選ぶメリットやデミリット、気をつけて頂きたいことなどをご紹介していきます。 230万円~ 留学エージェントサポート費用. 高校留学を考えているが、留学費用を考えると私立高校は高いし、アメリカへの留学は治安の面で少し心配。そんな時は、カナダの公立高校への留学を検討してみてはいかがでしょうか?今回はトロントの … 高校留学を考えているが、留学費用を考えると私立高校は高いし、アメリカへの留学は治安の面で少し心配。そんな時は、カナダの公立高校への留学を検討してみてはいかがでしょうか?今回はトロントの … カナダ高校留学の基本情報から留学費用、カナダの学区情報まで専門家が分かりやすく解説しています。カナダ留学専門38年以上の実績と国内最大級の学校情報により培われた専門情報をお客様の高校留学にお役立てください。 各州の教育委員会や各高校に在籍している留学生のためのコーディネーターが生活や勉強の相談に乗ってくれることもあり、入学後のサポート体制も整っているので、安心して通うことができます。, カナダの大自然の中で、親元を離れて生活を送ることで、英語力をつけるだけでなく、国際感覚を養いながら将来の自立につながる貴重な経験を得られることでしょう。, カナダの高校留学プログラムについて紹介をします。 (木・日・祝日を除く), カナダは10の州と3つの準州からなる連邦国家で、面積は日本の約27倍と広大で、人口はおよそ3,724万人います。公用語は基本的には英語とフランス語となりますが、英語を話す人の方が多いです。それ以外にも北部の準州では先住民族の言葉も公用語に定められています。 カナダでの高校留学で授業料、ホームステイ、傷害保険、そして航空券を入れて200万円と言う予算で実現できる教育委員会をまとめました。費用が安いからと言って教育の質が悪いわけでは決してありません。しっかりリサーチ、計画、準備をすれば200万円の予算でカナダ高校留学ができます。 またカナダ国内が6つの時間帯に分かれており、太平洋の時間と最東端では4時間30分の時差があり、夏場にはサマータイム制を実施しています。 カナダ高校留学費用. カナダ高校留学プログラム。カナダ高校留学は、全寮制からホームステイ、進学校までカナダ全土70を超える教育委員会、500校を超える高校と多様なラインナップよりあらゆる生徒へ最適な学校の紹介を行っています。ノバスコシア州 ノバスコシア留学生プログラムをご紹介します。 私立高校に留学する場合は、多くの生徒が学生寮を利用しています。, カナダへの高校留学を検討している場合は、公私どちらが自分に合っているのか比較し選択する必要がありますが、大半の場合は公立高校の方がおすすめです。, ほとんどのカナダのボーディングスクールが広大な敷地を所持しており、美しい大自然の中にあります。雄大な大自然の中で、高校留学生活を送ってみてはいかがでしょうか♪, ただし、カナダのボーディングスクールへの入学は、成績が優秀であることと一定基準以上の英語力がなければなりません。 そんな方はまず、留学エージェントや留学プログラムの資料請求をしてもっと詳しい内容に触れてみてください。 カナダの教育はヨーロッパ系とアメリカ系の良い部分を集約しているようなシステムで、非常に教育水準が高いと言われています。アメリカ同様各州によって法律が制定されており、教育システムも各州によって異なります。また、アメリカとは異なり、留学生を受け入れている学校のほとんどが公立高校で、留学生を受け入れる私立高校の数は非常に限られています。 カナダ大学・大学院留学費用目安(授業料+滞在費+食費) 短大...220万円(アカデミックイヤー:約9ヵ月) 大学...280万円(アカデミックイヤー:約9ヵ月) 高校留学先に好まれるのもよくわかりますよね!, こちらの記事を読んでみて、カナダに高校留学したいという想いが強くなったはず…! 高校留学中の保険選びは、費用だけでなく現地サポートの有無、盗難等の補償の有無なども考慮して検討すると良いでしょう。, 滞在期間や条件によっても給付される金額は異なりますが、14日という短い期間からでも応募することが可能です。 20万~25万円. 滞在する地域はもちろん、公立・私立どちらを選ぶかによっても費用は変わるので、目的と予算に合ったプランを立てるように心がけましょう。, カナダの高校留学費用は、授業料に加えて、教材費、滞在費(寮/ホームステイ)、私立の場合は制服代が加算されます。, 決して安いとは言えませんが、 自分が将来どのような道に進んでいきたいかじっくり考えて、海外への道を一歩踏み出せるといいですね!, 高校留学で6ヶ月以上就学する場合は「学生ビザ」が必要です。 勉強・暮らし・観光など、あらゆる観点から人気の高いカナダ留学。 目的達成に励みながら、満足度の高い海外暮らしを送ることができます♪ あなたはどんな目的でカナダを訪れますか? 1. カナダで英語を勉強したい! でもカナダの語学留学には、どれくらいの費用がかかるのか分からない・・・。 そこで、カナダの各都市で、いくらぐらいの費用がかかるのかを、いくつかの語学留学のパターンで計算してまとめてみました。 留学したい都市が決ま 寮滞在となる学校(ボーディングスクール)と、ホームステイに滞在しながら通学する学校(デイスクール)があり、学校の規模や特徴、受入基準、費用は各学校によって異なってきます。AISE国際交流センターのカナダ私立学校プログラムでは、留学生を受け入れている数少ない学校の中でも、希望、条件、現在までの学業成績、英語力などを基に志望校を決定します。, カナダは州や地域によりその風土や習慣や気候が異なります。カナダの公立学校留学ではカナダ全地域で約120学区があり、その中から留学生を積極的に受入れている学区をご紹介します。, 〒104-0061 東京都中央区銀座1-3先 北有楽ビル1F 大学によっては、帰国子女枠もあるため高校留学の経験を活かしたいという場合には大変おすすめです。, カナダはやはり、キレイな英語や大自然など、魅力溢れるとても良い国です。 カナダジャーナルは1981年設立の老舗留学エージェント運営。カナダ留学無料コンサルティング、無料現地サポート、ワーキングホリデー、語学留学、カナダ移住、親子留学、高校留学、幼児教育留学、アウトドア専門キャリアスクール、 it専門学校、インターシップなど情報満載です 20万~30万円. 公立校の場合、各州の教育省が州内をいくつもの学区に分け、それぞれに教育委員会を設置しています。教育委員会は小学校から高校までの管理運営を行うだけではなく、留学生の受入れなどにも従事しています。公立高校は全て共学校で、高い教育水準を維持しています。留学生が公立学校に在学する場合は、ホームステイに滞在することになります。, 【私立校の場合】 高校生と大学生向けに、カナダ留学の魅力や注意点をはじめ、カナダ留学経験者のリアルな体験談を多数ご紹介します。文部科学省が展開する「トビタテ!留学japan」は、日本の若者の海外留学への気運を醸成する官民協働の留学促進キャンペーンです。 申請書類などビザ関連費用. カナダへの留学概算費用に関する情報についてご紹介いたします。aise国際交流センターでは、交換留学に役立つ豊富な情報を提供しています。中学、高校在学中での留学をご検討の皆様は是非ご覧くださいませ。学生はもちろんのこと保護者様や学校関係者様のサポートします。 カナダは高校留学の行き先としても人気です。カナダに住む人にとっては高校は無料ですが、留学生の場合は学費を支払う必要があります。