日常的に使用しているiPhoneの文字入力。しかし、知られていない文字入力のテクニックは意外とあるもの。本記事では、知っておくと役に立つ、キーボードの使い方やiPhoneの文字入力の裏技的テクニックを紹介する。 © Shogakukan Inc. 2021 All rights reserved. iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!? iPhoneユーザーの多くは、文字入力に使うキーボードの設定をそのままにしている人が多いのではないでしょうか。iPhoneのキーボードは標準設定のままだと「100円」が「1~円」になったり、「110番」が「★0番」になったりして不便です。そこで、iPhoneで数字の連続入力が記号になる問題を解決する方法を紹介します。, iPhoneのキーボードは初期設定では、数字とかながフリック入力、ローマ字はパソコンでもお馴染みのQWERTY配列になっています。フリック入力は、タップしたキーを上下左右にずらすと違う文字になる仕組みで、「あ」をタップしながら左で「い」上が「う」右が「え」下が「お」です。, 数字は10個しかないので、フリック操作の必要はなさそうに思えますが、iPhoneでは数字のタップ→フリック操作でさまざまな記号の入力ができます。例えば1をタップして左にフリックすると「★」の入力になります。, ところが、iPhoneの初期設定ではフリック入力とともにトグル入力もONになっています。こちらは、物理的にテンキーがあった携帯電話時代から使われているもので、数字の0を2回タップすると記号の「~」、3回で「…」が入力されてしまうのです。, このままでも問題ありませんが、数字を連続して入力することが多い場合は不便です。例えば「5000円」のように入力したいのに「5…円」となってしまうからです。これを避けるためには、キーボードの設定を変える必要があります。, その方法は、まずホーム画面から「設定」アプリを開きます。ここではiPhoneのさまざまなアプリの設定を変更できますが、そのなかから「一般」→「キーボード」と選び、キーボードの設定画面を表示します。, キーボードの設定項目は数多くありますが、「かな」という項目を見つけ、そこを「フリックのみ」に変更します。これで、0を3回タップしたときにそのまま「000」と入力されるようになります。なお、「…」を入力したい場合は、0をタップして上にフリックすればOKです。, ■「iPhone」おすすめ記事 iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる iPhoneのキーボードには、入力作業を効率的に行えるように、様々なショートカットや機能が搭載されています。知っているか、知らないかで、今後のiPhoneライフに少なからずの影響を与えるので、この際覚えておいてはいかがでしょう。 iPhoneで英数字や記号を半角・全角で簡単に入力する方法を紹介します。 今回はおすすめ順に2つの方法を解説していきます。 方法①:文字入力後に再変換する 1つ目の方法は文字を入力した後に再変換す … iPhone「空白の長押し」意外と知らないテク集 国内国外問わずトップシェア誇るiPhone。文字入力ができる外付けのキーボードがあれば、iPhoneの画面をタッチするよりも、打ちやすく素早くローマ字入力が可能です。今回は便利なiPhone対応キーボードの人気おすすめランキング15選をご紹介していきます。 同様にEnglish(US)キーボードで[123]ボタンで ↓数字/記号(その1)に切り替わります。。 [#+=]ボタンをタップすると ↓記号(その2)に切り替わります。 [ABC]ボタンで英字 [123]ボタンで数字キーボードに戻れます。 入力文字の最適化」「3. iPhoneの「日本語(かな)キーボード」「英語(日本)キーボード」で、 数字を入力する時は「123(☆123)」キーを使います 。 iPhoneで「123(☆123)」キーをタップするのが面倒な時は、数字の読みを入力して変換することもできます。 iPhoneでは、日本語、英語キーボードが設定されていますが、追加で他言語のキーボードも設定することが可能です。 中国語、フランス語のほか、ドイツ語、タイ語などほぼ全世界の言語キーボードの設定 … iPhoneで様々なネットサービスを利用する時に、自分の情報を入力しないといけません。その時に、情報を入力する時に半角と全角どちらかを指定されます。この記事では、半角と全角の切り替え方法やiPhoneの標準キーボードの仕様などを紹介します。 iPhoneのキーボードを「使いこなしている」と自信を持っていえますか?この記事では、キーボードをカスタマイズする法と、知っていると便利な裏技を解説していきます。アプリや外付けキーボードのおすすめも、合わせてチェックしてみてください。 このキーは、タップするごとに「ABC」→「☆123」→「あいう」と順番に表示され、対応するキーボード (英字→数字→ひらがな)に切り替わります。 iPhoneでオンスクリーンキーボードを使って入力する ... タイ語キーボードの場合: タイ数字 ... を使ってテキストを入力しているときに、 または をタッチして押さえたままにして、「キーボード設定」を … iOS版Simejiの公式マニュアルです。iOS版のインターフェースに沿って説明いたします。Android版をご利用の方は、Android版Simejiの公式マニュアルをご参考ください。 めったに使わない不要なキーボードを停止」「2. iPhoneユーザーの多くは、文字入力に使うキーボードの設定をそのままにしている人が多いのではないでしょうか。iPhoneのキーボードは標準設定のままだと「100円」が「1~円」になったり、「110番」が「★0番」になったりして不便です。そこで、iPhoneで数字の連続入力が記号になる問 … iOS 14/13のiPhone・iPadのキーボード操作で、急に日本語の入力がおかしくなったり、切り替えができなくなったりしたことはありますか?このガイドは、iOSデバイスのキーボードの入力に関する不具合の対策をご紹介します。 iPhoneなどのスマホを利用するためには、 ほとんどの場合、文字や数字、記号等の入力作業が欠かせませんが、入力する方法は大きく分けて2つあります。 1つは一般的な入力方法で、iPhoneの画面に表示されるキーボードを使って指先で入力する「キーボード入力」です。 ぜんぶ設定すれば、きっとあなたもiPhoneマスターの仲間入り! 今回は「1. あの頃背面のコロンとした感じが新鮮だった!懐かしの名機「iPhone 3GS」を振り返る, 「iPhone 12」に買い替える前にチェック!機種変更時にアプリやデータを簡単に移す手順, 文字入力がもっと快適になるかも?意外と知らないiPhoneのキーボード設定を変更する方法. iPhoneで数字しか打てないのですが英語ってこのキーボードでは打てないんでしょうか教えてください パスワード入力など時に表示される入力パネルと思います。英文字入力は、フリック(文字を軽く押す)と上下、左右のどこかに英文字が表示されて、選択できると思います。 iPhoneのフリック入力で「はは」や「まま」などの言葉を超簡単に連打で入力できるようになる裏設定をご紹介。「あたたたたたたたたた!」という感じに連打できますよ! iPhoneのホーム画面から【設定】>【一般】>【キーボード】と開きます。《キーボード》画面で、画面中央の 【キーボード】 をタップします。 左図の【キーボード】の右端にある「3」は、現在設定しているキーボードの数を表しています。 iPhoneヘルスケアに連携すべき睡眠アプリは? 顔文字の設定」の3つの項目を見ていきます。 はじめに: キーボード設定の開き方 iPhone 6 以降をお使いの場合でも、画面表示の設定を「標準」ではなく「拡大」にしていると、片手用キーボードが機能しません。 iPhone 6 Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus をお使いの場合は、画面表示が「標準」でも「拡大」でも片手用キーボードを使えます。 iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能 iPhoneの英語キーボードの切り替えについて. iPhoneの「かな入力」キーボードで"半角スペース"を入力には、"英字"または"数字"入力モードで「空白」キーをタップします。 * 英字・数字入力に切り替えるには、キーボード上の「あいう/ABC/☆123」キーをタップします。 1. iPhoneで文字入力、どうやっていますか? オンスクリーンキーボードでフリック入力が一般的だと思いますが、本当に快適に入力できているでしょうか。ちょっと設定を変えるだけで、今よりも大幅に入力しやすくなることがあります。また、長文を入力することが多いならBluetoothキーボードを接続するのも1つの方法です。iPhoneのキーボード設定で、見落としがちなポイントを挙げてみました。, iPhoneで文字を入力するには、キーボードの設定が必要です。日本語を入力できるキーボードは、「かな」キーボードと「ローマ字」キーボードです。「かな」キーボードはテンキータイプのキーボードで、キーを連打して入力するケータイ入力か、キーを上下左右にフリックするフリック入力で文字を入力します。「ローマ字」キーボードは、PCのキーボード配列を採用したもので、「フルキーボード」とも呼ばれます。, iPhoneで日本語を入力するなら、「かな」キーボードでフリック入力するのがおすすめです。1回のフリックでひらがな1文字を入力できるので、連打するケータイ入力やキーサイズの小さいフルキーボードより速く快適に文字を入力できます。, 「かな」キーボードで英字も入力できますが、PCのフルキーボードでの文字入力に慣れているなら、英字の入力用に「英語」(日本)キーボードを追加しておいてもいいでしょう。キーボードは画面左下部にある地球の形をしたアイコンをタップすると切り替わります。, また、初期状態では「絵文字」キーボードも設定されていますが、iPhoneで絵文字は入力しないというのであれば、削除してしまってもかまいません。キーボードは「キーボード設定…」からいつでも追加・削除できます。, 地球の形をしたアイコンを長押しすると「キーボード設定…」メニューがあり、「設定」アプリのキーボードページを直接表示できます。, 「設定」アプリからは、「一般」→「キーボード」→「キーボード」→「新しいキーボードを追加…」でキーボードを追加できます。「編集」で不要なキーボードを選んで削除できます。, フリック入力で文字入力するなら、キーボードの設定で「フリックのみ」をオンにしましょう。ケータイ入力がオフになり、「ああ」や「はは」などもカーソルを移動させずに2タップで入力できます。, 「フリックのみ」をオンにすると、キーボード上からトグル入力のキーがなくなり、「☆123」(数字入力)キーと「ABC」(英字入力)キー、「あいう」(かな入力)キーが同時に表示されるようになります。これらキーのワンタップで、数字、英字、かなのキーボードを切り替えることができるようになります。, また、初期状態では、数字キーも連打すると記号を入力できるようになっているのですが、「フリックのみ」に設定すると、連続して同じ数字を入力できるようになります。, iPhoneの文字入力でフルキーボードを使っている際、「iPhone 11 Pro」といった言葉やメールアドレスなど、英語と数字が混在している言葉を入力する場合、数字入力と英字入力ボタンをタップし、切り替えて入力するのが一般的な方法です。, ただ、数字1文字を入力するために、入力モードをタップで切り替えるのは面倒に感じます。そこで、入力モードを変えずに数字や記号を入力できる方法を紹介しましょう。, アルファベットのフルキーボードの状態で数字を入力する際に、左下の「123」キーに触れ、指を離さないまま入力したい数字まで滑らせます。指を離すと数字は入力されますが、キーボードはアルファベットのままです。, 同様に数字フルキーボードの場合は、「#+=」キーをタップし、そのまま指を滑らせて記号を入力することができます。, iPhoneのキーボードには絵文字のボタンがあり、絵文字をスムースに入力できます。ただ、他の切り替えボタンと間違ってタップしてしまうということもあるでしょう。絵文字をそれほど使わないなら、絵文字のキーボードを削除してしまうのも手です。, キーボードの削除は「キーボード設定…」から。「キーボード」ページを表示し、「編集」をタップすると赤い「-」ボタンが表示されるので、不要なキーボードのボタンをタップして「削除」を選択し、「完了」をタップします。, これでキーボード上から絵文字のキーはなくなります。なお、この状態で絵文字を入力したいときは「えもじ」と入力すると、変換候補から絵文字を選択できます。, iPhoneのキーボードには、Androidスマホのようなカーソルを移動させる矢印ボタンがありません。3D Touchに対応しているiPhone 6sシリーズからiPhone XSシリーズまでは、キーボードを強めに押すとキーボードがトラックパッドに変わってカーソルを移動させることができましたが、iPhone XRやiPhone 11シリーズでは3D Touchが搭載されなくなりました。, これらのモデルでは、キーボードの「空白」や「space」キーを長押しすると、キーボードがトラックパッドに変わります。, iPhoneの文字入力には、入力をサポートする機能が搭載されているのですが、これのおかげで意図しない変換が自動でなされ、煩わしいことがあります。, 「スマート句読点」がオンになっていると、ハイフンを連続入力するとダッシュになり、「""」(引用符)も「“”」に自動で変換されます。不要な場合は、キーボード設定でスマート句読点をオフにしましょう。, 英語の「自動大文字入力」も、便利なようで、不要なときに先頭の文字が大文字になってしまってイライラすることがありますので、オフをおすすめします。, iPhoneの標準キーボードに物足りなさを感じているなら、サードパーティ製のキーボードアプリを使ってみてもいいでしょう。無料、有料、さまざまなキーボードアプリがApp Storeで配信されています。, 標準キーボードのままではデザインを変えることができませんが、App Storeで配信されているキーボードアプリを使うと、キーボードの背景色を変えたり背景に写真を使ったりして、キーボードを飾ることも可能です。, サードパーティ製のキーボードは、クレジットカードやパスワードなどの重要な個人情報が抜き取られるかもしれないと不安を覚える人もいるでしょう。クラウド上のデータを使って変換候補を出すキーボードアプリもあるので、なおさらです。, ただ、App Storeで配信されているアプリは、Appleの厳しい審査をパスした上で配信されていますので、基本的に不安に思う必要はありません。また、iOSの場合、パスワードを入力する際は標準キーボードに切り替わるので、キーボードアプリがパスワードを読み取ることはできません。, 「Simeji」は、キーボードの背景に好みの写真を設定できる「きせかえ」機能や、流行語やタレントの名前もすぐに変換できる「クラウド超変換」が人気のアプリです。多彩な着せ替えコンテンツ、最新の流行語を入力しやすいことから若い世代に特に人気です。, 「flick」は、200万種類にもおよぶ絵文字や顔文字の豊富さが魅力。アップグレードすると使えるAIを使った変換機能も特徴で、少ない操作で入力できると評判です。テーマ機能を使って、写真や動画でキーボードをカスタマイズすることもできます。, Googleが提供する「Gboard」は、Google検索との連携が魅力。キーボード上部のGoogleのマークをタップするとGoogle検索が可能です。また、Google翻訳やGoogleマップ、YouTubeといったGoogleのサービスとも連携。もちろん、すべて無料で使えます。, iPhoneで長文を入力するなら、外付けキーボードを持ち歩いてもいいでしょう。Bluetoothで接続するワイヤレスキーボードが扱いやすくおすすめです。, 外付けキーボードは、キー構造、サイズ、形状の違いで本当にさまざまなものがあります。可能であれば試し打ちをして購入しましょう。端末を立てかけられるスタンドを装備しているものが、iPhoneをモニターのように使えて快適です。, 「Logicool Keys-to-Go Ultra Slim Keyboard with iPhone Stand」は、Apple限定のBluetoothキーボード。丈夫なFabricSkinで作られていて、液体をこぼしても大丈夫です。超薄型で持ち運びしやすく、タイピングも快適です。Appleの公式サイトで8880円で販売。, 「サンワサプライ Bluetoothキーボード 400-SKB066」は、小型軽量でタッチパッド付き。最大3台の機器をBluetooth接続できるマルチペアリング機能に対応し、ワンタッチでホーム画面に戻れるボタンも搭載しています。直販サイト「サンワダイレクト」で4980円で販売。, 「iclever Bluetoothキーボード 折りたたみ式 IC-BK11」は、二つ折りタイプのキーボード。アルミ合金を採用し、薄型、軽量、コンパクトなデザインで、簡単に持ち運ぶことができます。4500円前後で販売されています。, DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」, 小学館ダイム公式サイト「@DIMEアットダイム」。 iPhoneでも手軽に通話を録音する方法があった, ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。. iPhoneのキーボード設定で数字のみ入力可能に 「フリックのみ」をオンにすると、キーボード上からトグル入力のキーがなくなり、「☆123」(数字入力)キーと「ABC」(英字入力)キー、「あいう」(かな入力)キーが同時に表示されるようになります。� 設定 → 一般 → キーボードへ移動して「キーフリックを使用」をonにします。 入力の仕方は簡単です。 入力したい数字や記号のキーを下にスワイプすればグレーで表示されている数字や記号が入力されます。 日本語入力でも同じように入力できます。 iPhoneのキーボードの基本的な使い方や、より便利に文字を入力するための詳細設定、矢印キーを表示させたいときにおすすめのアプリなどを解説しています。iPhoneのキーボードをより快適に使いたい人は、ぜひ参考にしてください。 英字キーボードには、下図(QWERTY配列のキーボードの例)のように「英字」「数字」「記号」の3つの入力モードがあり、左下の緑枠をタップし入力モードを切り替えて入力します。 iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法 iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険 キーボードの設定. iPhoneで日本語を入力するためのキーボードとしては、標準では[日本語 - かな]のみが用意されています。これに[日本語 - ローマ字]を追加すれば、パソコンのようなローマ字入力が可能になります。設定方法を見ていきましょう。 iPhoneのパスワードを数字ではなく英数字・文字列といった複雑なパスワードを利用したい。数字6桁ではなく、6桁以上のパスコードを利用したい。そんな方向けに、6桁以上の英数字 or 数字のカスタムパスコードを設定する手順を画面キャプチャ付きでご紹介。 1 1:iPhone端末を再起動してみる 2 2:キーボード設定(「日本語」Null)を確認する 3 3:iOSバージョンが最新になっているか確認する 4 4:キーボードアプリの設定を確認する 今回はiPhoneのソフトウェアキーボード(内蔵キーボード)で、文字入力をより快適にすることができる、おすすめの設定についてご紹介します。 iPhoneのソフトウェアキーボードは、自分に合った設定に変更することで、初期状態よりも格段と文字入力を快適にすることができます。 iPhone画面が勝手に下がるのは「簡易アクセス」 iPhoneのキーボードには複数種類があります。標準のキーボード以外のキーボードも設定が可能なので、自分に適したキーボードを使うのが良いと思います。 iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で 最新の家電、スマホ、クレジットカード、クルマ、アプリ、日用品、各種トレンド情報、仕事術からグルメまで、すぐに使える情報が満載のライフハックマガジンです。, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。.

赤ちゃん ツアー 旅行, 生クリーム 簡単 スイーツ, 堀田茜 兄 写真, まめきちまめこ 姉吉 絵, ハリーポッター ローブ 長さ, 映画 主題歌 アニメ 2020, Twitter 知り合いかも 特定, どうぶつの森 Nfc データ, ねずこ イラスト 無料, 50代 ファンデーション おすすめ,